headband

ポケットWi-Fiでネットゲーム

今回はポケットWi-Fiを利用してネットゲームができるのかどうかについてです。

ですがまずは今現在ネットゲームと呼ばれるものにもたくさんの種類があります、どういったタイプのネットゲームをプレイするのかが鍵になってきます。

そのタイプは大まかに「多人数参加型」「対戦型」「1人用」と分かれます、先にあげたもののほうが回線の速度と安定性が重要でなおかつパケットの使用がとても大きくなります。

ポケットWi-Fiは固定回線と比べてしまえば速度もでませんし、回線の強度も安定しません。

ですので多人数参加型のネットゲームには向いていません、多人数参加型のゲームはそこに参加している人の分だけパケットの通信が入りますので人が多くなればなるだけ回線を圧迫し、つらい状態になります。

対戦型ゲームはFPS・TPSと呼ばれるシューティングタイプのものは参加人数が多いので多人数参加型と同じようにポケットWi-Fiでは難しいものがあります。

1:1で戦うような格闘ゲームはリアルタイムでの入力を送信しなければならず、FPSと同様に回線速度の一時的な低下によるラグによって、攻撃が当たらなかったり避けた攻撃が当たったりすることが発生し、自分にも相手にも不快な思いをさせる可能性があります。

カードゲームのようなターン制の対戦ゲームであれば多少回線速度が低下しても影響が少なくポケットWi-Fiでも問題なくプレイできます。

1人用のネットゲームですが、ブラウザゲームなどと呼ばれるものはポケットWi-Fiでも問題なくプレイできます。

ブラウジングと同じで、自分の操作に対して相手サーバーからの応答を待つ形のネットゲームですので回線速度で快適度は変わってきますがプレイには問題はないです。

1人用と分類していいのか難しいですが、スマートフォンなどでプレイするソーシャルゲームの類も基本的には携帯電話用の回線を利用することを前提に作られているのでポケットWi-Fiでも問題なくプレイできます。

pagetop