headband

モバイルWi-Fiが遅いってホントなの?

WiMAXをはじめ、モバイルWi-Fiの通信技術は日々上がっています。

下りの速度(ダウンロードの速度)が100Mbpsを超えるのは当たり前なので、基本的にはどこを選んでも、スピードで困惑するということはなさそうです。

でも、時折聞くのが、通信が遅い!ということでしょう。

高速通信サービスをしているのに、どうして『遅い』という状況が出来上がってしまうのでしょうか?

そこには理由があるのです。

遅い!どんな理由があるの?

モバイルWi-Fiが遅いという原因には次のようなポイントがあります

  • 速度制限にかかっている
  • エリアの範囲外だから遅い
  • モバイルWi-Fiの置き場所が悪い

このような理由が考えられます。

通信制限がかけられていませんか?

プランによって違いますが、モバイルWi-Fiを使うにあたって避けて通れないのが、通信制限です。

一般的には3日で3GB、あるいは、1カ月で7GBを使うと、通信の規制が入ります。

これは利用者が平等に通信を行えるようにという配慮です。今のところ、通信制限のないプランはないので、ある程度節約して使用することがポイントです。

WiMAXの『ギガ放題』にも通信制限があり、3日で3GBを超えると、通信制限がかかります。

この制限によって、通信が遅くなっている可能性があるので、まずは、ご自身の通信状態を確認してみましょう。

対応エリア外で使用していませんか?

対応エリア外であると、遅いというよりも、サービスが使えなくなります。

特にWiMAX2+はサービスが始まってから間もないので、使える場所が、都心部や中核市に限定されているのです。

また、エリア内でも通信が遅いという場合は、他の電波との干渉が原因かもしれないので、注意しましょう。

置き場所によっても遅いということがありえます

WiMAXの電波はまっすぐに速く進むのが特徴です。

よって、必然的に障害物に弱いという欠点があります。

WiMAXを使う場合、窓際の高い場所に置く。あるいは、機器との間に障害物を置かないといった工夫が必要になりそうです。

pagetop